バックアップオプションの理解

共有データベースを定期的にバックアップしてください。FileMaker Server では、次の方法でデータベースのバックアップを実行できます:

  • 自動バックアップ: FileMaker Server は、1 日 1 回共有データベースの自動バックアップを作成します。[バックアップ] ページには次の自動バックアップの時間が表示されます。バックアップは 7 個まで保存され、その後自動的に削除されます。自動バックアップは [バックアップ] > [自動バックアップおよびオンデマンド] タブに一覧表示されます。

    [自動バックアップおよびオンデマンド] タブの使用を参照してください。

  • オンデマンドバックアップ: [バックアップ] ページの [今すぐバックアップ] をクリックすると、いつでもオンデマンドバックアップを作成することができます。オンデマンドバックアップは [バックアップ] > [自動バックアップおよびオンデマンド] タブに一覧表示されます。オンデマンドバックアップはデフォルトで保存されるため、[バックアップ] > [保存済み] タブにも一覧表示されます。

    [保存済み] タブの使用を参照してください。

  • バックアップスケジュール: [バックアップ] > [バックアップスケジュール] タブを使用すると、バックアップするデータベースとバックアップの頻度を定義するバックアップスケジュールを作成できます。スケジュールを実行するたびに FileMaker Server は選択されたデータベースが最後のバックアップ以降に変更されたかどうかを確認します。FileMaker Server は、変更されたデータベースの完全コピーを作成し、変更されていないバックアップされたデータベースへのハードリンクを作成します。

    バックアップスケジュールの作成または変更を参照してください。

  • プログレッシブバックアップ: FileMaker Server は、すべての共有データベースの完全バックアップの作成から開始します。最初の完全バックアップの完了後、データベースサーバーは共有ファイルからの変更のみをプログレッシブバックアップフォルダにコピーします。プログレッシブバックアップはサーバーパフォーマンスへの影響も少なく、バックアップスケジュールより素早く実行できます。

    プログレッシブバックアップでは、バックアップファイルの 2 つのコピーを保存します。タイムスタンプ付きのコピーはバックアップとして使用でき、進行中のコピーは累積した変更で更新されます。(FileMaker Server では、これらの累積した変更を再実行ログと呼びます。) タイムスタンプ付きのコピーのデフォルトの保存間隔は 5 分です。このデフォルトの設定では、5 分間隔でタイムスタンプ付きのコピーが更新されます。(プログレッシブバックアップの保存間隔を変更するには、CLI のヘルプを参照してください。)

    プログレッシブバックアップフォルダの設定を参照してください。

これらのバックアップの任意の組み合わせを使用して、共有データベース用の包括的なバックアップ戦略を確実に実行してください。