データベースの管理

[データベース] ページには、FileMaker Server によって共有されているデータベースが一覧表示されます。

共有データベースについて

[データベースフォルダにあるデータベースを自動的に開く] 設定が有効になっている場合、FileMaker Server を起動するとデフォルトデータベースフォルダ、セキュアデータベースフォルダ、および追加のデータベースフォルダ内の FileMaker Pro データベースが開きます。(起動設定を参照してください。) デフォルトデータベースフォルダおよび追加のデータベースフォルダでは、1 レベル下のサブフォルダにあるファイルの共有がサポートされます。データベースの共有を参照してください。

データベースの状態

データベース名の左側にあるアイコンは、データベースの状態を示します。

アイコン

状態

 

データベースファイルを [閉じました]。

 

データベースファイルを [開きました]。

 

データベースファイルは [一時停止] 中です。

 

データベースファイルは開始中、終了中、または検証中などの移行状態です。

 

データベースファイルは暗号化されていません。

 

データベースファイルはセキュアデータベースフォルダで共有されています。

データベースファイルは追加のデータベースフォルダで共有されています。

データベースの操作

データベースを操作するには、 をクリックして次のいずれかを選択します:

メモ  

  • データベースの一覧で特定のデータベースを見つけるには、検索ボックスに検索文字列を入力します。
  • ファイル名、状態、またはクライアント数でデータベースの一覧をソートすることができます。ソート順を逆にするには、同じソート値を再度選択します。
  • データベースの状態に関する詳細を表示するには、ポインタを状態アイコンの上に合わせます。