プログレッシブバックアップからのデータベースの復元

プログレッシブバックアップからデータベースを復元するには、オペレーティングシステムのツールを使用して、プログレッシブバックアップフォルダから、FileMaker Server でデータベースファイルを共有するフォルダへデータベースをコピーします。

警告  データベースの唯一のバックアップが損傷することを回避するため、復元するデータベースファイルは必ずコピーして、元のプログレッシブバックアップファイルは変更しないままプログレッシブバックアップフォルダに残してください。バックアップフォルダからデータベースファイルを移動することは避けてください。また、プログレッシブバックアップフォルダに保存されているデータベースファイルを FileMaker Pro を使用して開かないでください。

プログレッシブバックアップからデータベースファイルを復元するには:

  1. 復元する共有データベースファイルが現在開いている場合、Admin Console を使用して閉じます。

    共有ファイルの閉じ方を参照してください。

  2. Admin Console を使用して共有データベースを取り除きます。

    共有ファイルを取り除くを参照してください。

  3. オペレーティングシステムのツールを使用して、プログレッシブバックアップフォルダから、共有データベースファイルをアップロードしたデータベースフォルダへデータベースファイルをコピーします。

    プログレッシブバックアップフォルダには、タイムスタンプ付きのフォルダとすべてのプログレッシブな変更が適用された最後の完全なバックアップが含まれます。

    • データベースファイルを含む最新のタイムスタンプが付いたフォルダからデータベースをコピーします。(タイムスタンプ付きのフォルダにデータベースが含まれていない場合は、データベースが共有されていなかったか、保存間隔中にデータベースを一時停止できなかったかのいずれかです。)
    • データベースファイルがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用している場合、タイムスタンプ付きのフォルダには外部に保存されたオブジェクトを含む「RC_Data_FMS」サブフォルダが含まれます。

      たとえば、データベースファイルが「Customers」という名前で、「RC_Data_FMS」フォルダに「Customers」データベースファイル用の外部に保存されたオブジェクトが含まれる「Customers」という名前のサブフォルダが含まれている場合は次のようになります:

      RC_Data_FMS¥Customers

      このフォルダとフォルダの内容をデータベースファイルとともにコピーします。

    進行中のバックアップファイルを含む他のプログレッシブバックアップフォルダのファイルはコピーしないでください。

  4. Admin Console を使用して復元したデータベースを開きます。

    共有ファイルの開き方を参照してください。