データの保護

SSL (Secure Sockets Layer) 証明書またはルート証明書は、証明機関 (CA) から提供されたデータファイルで、セキュアトランザクションの送信者、受信者、またはその両方を電子的に識別するために使用されます。SSL 証明書は、FileMaker アプリケーションを実行するマシンにインストールされ、FileMaker Server と FileMaker クライアントの間でセキュア接続を提供します。

FileMaker Server は Claris International Inc. によって署名された標準の SSL 証明書を提供しますが、サーバー名の検証は行われません。この FileMaker デフォルト証明書はテスト用にのみ利用できます。実際に運用環境で使用する場合はカスタム SSL 証明書が必要です。

データを保護するために、FileMaker Server のいくつかの機能を活用できます:

  • クライアントに対するサーバー名を検証して、Web ブラウザに証明書の警告が表示されないようにするには、サーバー名に一致する署名済みの SSL 証明書を要求してください。証明書は、Claris International Inc. によってサポートされている信頼された CA に要求してください。FileMaker Server インストールおよび構成ガイドを参照してください。証明書署名要求の作成も参照してください。
  • FileMaker Server ログファイルを確認してデータベースへのアクセスを監視できます。ログファイルのエントリの参照を参照してください。

メモ  

  • 外部サーバーによって認証されるアカウントの作成の詳細については、FileMaker Pro ヘルプおよびナレッジベースを参照してください。
  • FileMaker Pro では、データベースファイルの内容を暗号化するためにデータベースの暗号化機能を使用できます。FileMaker Server は、暗号化されたデータベースの共有をサポートします。FileMaker Server では、サーバー管理者は共有するためにファイルを開くときに暗号化パスワードを入力します。共有ファイルの開き方を参照してください。