通知設定

Admin Console では、Admin Console 通知、ローカル通知、および電子メール通知の 3 つの方法でサーバー管理者に通知することができます。

Admin Console 通知を確認するには、[サインアウト] コマンドの近くにあるツールバーの をクリックします。Admin Console 通知がある場合は、ツールバーに青い背景の数字が表示されます。

通知設定を表示して指定するには、[構成] > [通知] タブをクリックします。

目的

実行方法

ローカル通知を有効にする

[ローカル通知] を [有効] に設定します。

ローカル通知は Admin Console を実行しているマシン上で表示されます。ローカル通知は Admin Console が前面に表示されていない場合でも表示されます。

FileMaker Server でエラーが検出された場合、電子メール通知を送信する

[電子メール通知の送信] を [有効] に設定します。

この設定が有効になっている場合、FileMaker Server は [宛先アドレス] フィールドで指定した電子メールアドレスに電子メール通知を送信します。

メモ  FileMaker Server でエラーが検出された場合にのみ電子メール通知が送信され、警告の場合は送信されません。Web 公開エラーの場合、FileMaker Server では電子メール通知が送信されません。

電子メールサーバーの SMTP 設定を構成する

  • 送信元アドレス: (オプション) 送信者の電子メールアドレスを入力します。
  • 返信先アドレス: (オプション) FileMaker Server からエラーまたは警告の電子メールを受信した際に、ユーザが返信可能な電子メールアドレスを入力します。
  • 宛先アドレス: 受信者の電子メールアドレスを入力します。
  • SMTP サーバーアドレス: IP アドレス (例: 127.1.1.1) またはホスト名 (例: postoffice.emailserver.com) を入力します。
  • ポート: SMTP サーバーへの接続に必要なポート番号。デフォルトのポート番号は 25 です。
  • SMTP 認証のタイプを選択するか、[なし] のままにします:
    • [なし]: デフォルトでは [なし] が選択されます。[なし] の場合、クライアントは匿名でログインします。一般的に、匿名アクセスが推奨されるのは、受信インターネットメールを受け付けない社内 SMTP サーバーの場合だけです。
    • [テキスト]: LOGIN メカニズムを使用した標準テキスト認証。
    • [CRAM-MD5]: SMTP メールサーバーのパスワードを暗号化する Challenge-Response Authentication Mechanism-Message Digest 5 認証。
  • SMTP 認証タイプとして [テキスト] または [CRAM-MD5] を選択した場合:
    • FileMaker Server が SMTP 電子メールサーバーに接続するときに SSL データ暗号化を使用するには、[SSL (Secure Sockets Layer) を使用する] を選択できます。このオプションを選択すると、ポート番号が自動的に 465 に変更されます。
    • 電子メールサーバーが SSL 接続をサポートするために STARTTLS コマンドが必要な場合は、[TLS (Transport Layer Security) を使用する] を選択します。ポート番号は、自動的に 587 に変更されます。

    メモ  認証の必要性、および使用されている認証タイプについては、電子メール管理者に確認してください。

    • ユーザ: SMTP サーバーにログインするために必要なユーザ名を入力します。
    • パスワード: ユーザのパスワードを入力します。

SMTP 設定をテストする

[SMTP 設定のテスト] をクリックします。ダイアログボックスに電子メールアドレスを入力してテストメッセージを送信します。

テストに失敗する場合は、SMTP 設定または電子メールアドレスを確認して受信するメッセージの指示に従います。

SMTP 設定を保存する

[SMTP 設定を保存] をクリックします。