ログファイルの表示およびダウンロード

FileMaker Server では、アクティビティやクライアントアクセス、および処理されるその他の情報が追跡されます。この情報はログファイルに記録されます。FileMaker Server のログファイルの一覧については、FileMaker Server の監視を参照してください。

  1. Admin Console で [ログ] > [ログビューア] タブをクリックします。

  2. ログを表示するには、[選択] をクリックしてログ名を選択します。

    • 列を並べ替えるには、列を目的の場所までドラッグします。

    • ソート順を変更するには、列タイトルをクリックします。

    • 列にフィルタを使用するには、列タイトルの フィルタアイコンをクリックして条件を選択してから [適用] をクリックします。

    • 1 つの列のフィルタをリセットするには、列タイトルの フィルタアイコンをクリックしてから [リセット] をクリックします。

    • すべての列のフィルタをリセットするには、[すべてのフィルタをリセット] をクリックします。

    インタラクティブ表示を有効にするとログビューアに複数のログファイルを表示できます。複数のログファイルの参照を参照してください。

  3. ログファイルをダウンロードするには、[ダウンロード] をクリックします。

ログファイルの設定の詳細については、ログ設定の使用を参照してください。

メモ 

  • インタラクティブ表示ではフィルタオプションは使用できません。

  • 複数のマシンの展開では、ログファイルは プライマリマシン上にあります。

  • すべてのログファイルは次の場所の「Logs」フォルダ内にあります:

    • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Logs

      デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: ¥指定したパス¥Logs

    • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Logs

    • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Logs

  • FileMaker Server プロセスの実行中は「Logs」フォルダ内でログファイルを直接開かないでください。プロセスでファイルに書き込みをしている場合があります。代わりに、ログファイルを別のフォルダにダウンロードするか、または開くログファイルのコピーを作成してください。標準テキストファイルを開くことができるアプリケーションまたは macOS コンソールアプリケーションを使用してログファイルを開きます。macOS コンソールアプリケーションでは、FileMaker Server の実行中にログファイルを開くことができます。イベントは継続的に記録され、最新のログエントリは、Admin Console アプリケーションのウインドウの末尾に表示されます。