ログファイルのエントリの参照

FileMaker Server では、アクティビティやクライアントアクセス、および処理されるその他の情報が追跡されます。この情報はログファイルに記録されます。

  1. [構成] > [ログ] タブをクリックします。
  2. [ログファイル] で [ダウンロードするログを選択] をクリックして 1 つまたは複数のログファイルを選択します。
  3. 目的の情報

    選択項目

    サーバーイベント

    event.log

    イベントログを参照してください。

    サーバーアクセス

    access.log

    アクセスログを参照してください。

    サーバーの使用状況

    stats.log

    サーバーの使用状況のログを参照してください。

    Web 公開コア、カスタム Web 公開、および FileMaker WebDirect

    wpe.log

    Web 公開ログを参照してください。

    FileMaker Data API

    fmdapi.log

    FileMaker Data API ログを参照してください。

    OData API (Linux)

    fmodata.log

    OData API のログを参照してください。

    最長呼び出しの使用状況

    topcallstats.log

    メモ  「topcallstats.log」ファイルは、[最長呼び出しの使用状況] 設定が有効になっている場合のみダウンロード対象として一覧表示されます。最長呼び出しの使用状況のログを参照してください。

メモ  

  • 複数のマシンの展開では、ログファイルは マスタマシン上にあります。
  • ログファイルは、次の場所の「Logs」フォルダ内にあります:
    • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Logs

      デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: ¥指定したパス¥Logs

    • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Logs
    • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Logs
  • FileMaker Server プロセスの実行中は「Logs」フォルダ内でログファイルを直接開かないでください。プロセスでファイルに書き込みをしている場合があります。代わりに、ログファイルを別のフォルダにダウンロードするか、または開くログファイルのコピーを作成してください。標準テキストファイルを開くことができるアプリケーションまたは macOS コンソールアプリケーションを使用してログファイルを開きます。macOS コンソールアプリケーションでは、FileMaker Server の実行中にログファイルを開くことができます。イベントは継続的に記録され、最新のログエントリは、Admin Console アプリケーションのウインドウの末尾に表示されます。