OData API のログ

デフォルトで、OData API コンポーネントでは OData API を使用して共有アプリケーションにアクセスするクライアントに関連するログ情報が生成されます。「fmodata.log」は次を記録します:

  • 発生したすべての OData API エラー
  • 各 OData API 呼び出しの出力ペイロードサイズ
  • 共有データベースにアクセスする OData API 呼び出しの詳細については、FileMaker Cloud 2.19 OData ガイドを参照してください (FileMaker Cloud および FileMaker Server for Linux に適用)。