FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップロード

FileMaker Pro では、データベースファイルをローカルコンピュータから FileMaker Server 展開に転送して共有できます。FileMaker Pro で [ファイル] メニュー > [共有設定] > [ホストにアップロード...] を選択します。ファイルをアップロードする前に次のメモをお読みください。FileMaker Pro ヘルプを参照してください。

重要  データベースファイルをアップロードする前に、まずデータベースが閉じていることを確認してください。

メモ  

  • ファイルをアップロードするには、サーバー管理者のアカウント名とパスワードが必要です。
  • データベースファイルの正しい場所を指定します。FileMaker Server では、デフォルトデータベースフォルダ (「Databases」)、セキュアデータベースフォルダ (「Secure」)、および追加のデータベースフォルダ内のデータベースファイルを共有します。デフォルトデータベースフォルダおよび追加のデータベースフォルダでは、1 レベル下のサブフォルダにあるファイルの共有がサポートされます。[構成]  > [フォルダ] タブで、フォルダを選択または変更することができます。データベースおよびバックアップフォルダの設定を参照してください。
  • 暗号化されたファイルをセキュアデータベースフォルダにアップロードするとき、FileMaker Pro では、アップロード後に FileMaker Server がファイルを自動的に開くことができるように暗号化パスワードの入力を必要とします。暗号化されたファイルをセキュアデータベースフォルダ以外のフォルダにアップロードする場合、サーバー管理者がサーバー上でファイルを開く必要があります。
  • セキュアデータベースフォルダへファイルをアップロードする前に次の操作を行う必要があります:
    • ファイルを暗号化します (FileMaker Pro ヘルプを参照)。
    • ゲストアカウントで [完全アクセス] アクセス権セットを使用していないことを確認します。
    • 完全アクセスアカウントのパスワードが空白でないことを確認します。
    • 完全アクセスアカウントのパスワードが [ファイルオプション] ダイアログボックスの [次のアカウントを使用してログイン:] オプションを使用するデータベースに保存されていないことを確認します。

    セキュアデータベースフォルダで共有されている暗号化ファイルでは、FileMaker Server はゲストアカウントアクセスまたは自動ログインアカウントアクセス ([ファイルオプション] ダイアログボックスの [次のアカウントを使用してログイン:] オプションで有効に指定されたアカウント) を許可しません。

  • アップロードしたデータベースが開かれると、データベースサーバーはファイルで共有が有効になっているかどうかをチェックします。共有が有効でない場合は、FileMaker Server は、[完全アクセス] アクセス権セットの FileMaker ネットワークによるアクセス (fmapp 拡張アクセス権) を自動的に有効にします。FileMaker WebDirect で共有するための fmwebdirect 拡張アクセス権のみを有効にして fmapp 拡張アクセス権を有効にしない場合、ユーザは FileMaker Pro を使用してファイルにアクセスできません。
  • デフォルトでは、手動でアップロードするデータベースには [完全アクセス] アクセス権セットを使用するゲストアカウント、パスワードが空白の完全アクセスアカウント、または [ファイルオプション] ダイアログボックスの [次のアカウントを使用してログイン:] オプションを使用してパスワードがデータベースに保存された完全アクセスアカウントを含めないようにします。これらのタイプのアカウントのデータベースファイルはセキュリティ保護されていません。

    セキュリティ保護されていないデータベースファイルを共有する必要がある場合、次の CLI コマンドを使用します:
    fmsadmin set serverconfig securefilesonly=false

    設定の変更内容を有効にするために FileMaker Server を再起動します。コマンドラインインターフェースの使用を参照してください。

    このコマンドにより、デフォルトデータベースフォルダおよび追加のデータベースフォルダ内のセキュリティ保護されていないデータベースファイルが許可されます。ただし、セキュアデータベースフォルダ内のセキュリティ保護されていないデータベースファイルは許可されません。このデフォルトの動作を変更していない場合、FileMaker Server では、これらのタイプのセキュリティ保護されていないアカウントのデータベースファイルは開きません。このデフォルトの動作を変更していない場合、FileMaker Pro では、これらのタイプのセキュリティ保護されていないアカウントのデータベースファイルをアップロードできません。