FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認

[データベースフォルダにあるデータベースを自動的に開く] 設定が有効になっている場合、FileMaker Server を起動するとデフォルトデータベースフォルダ、セキュアデータベースフォルダ、および追加のデータベースフォルダ内の FileMaker Pro データベースが開きます。(起動設定を参照してください。)

FileMaker Server は、すべてのデータベースを自動的に開けないことがあります。例:

  • 保存された暗号化パスワードで暗号化されていないデータベースは自動的に開くことができません。
  • セキュアデータベースフォルダ内の暗号化されていないファイルは、フォルダによりセキュアデータベースのみが許可されているため、開くことができません。

データベースが開かれ、FileMaker クライアントが利用できるかどうかを確認するには、次の操作を行います:

  1. [データベース] ページをクリックします。
  2. データベースの一覧で次を確認します:
    • データベースの横に [開きました] () 状態アイコンが表示され、データベースが開かれていて利用できることが示されている。
    • データベースを使用するための正しい拡張アクセス権がクライアントに割り当てられている。[すべてのデータベース] の横のメニューセレクタから [拡張アクセス権を表示] を選択します。開いている各データベースの下に一覧表示されるテキストは、データベースにアクセスできるクライアントを示します:
  3. 拡張アクセス権

    データベースを利用できるクライアント

    FMAPP

    FileMaker Pro、FileMaker Go

    FMWEBDIRECT

    FileMaker WebDirect

    FMREST

    FileMaker Data API

    FMPHP

    カスタム Web 公開 with PHP

    FMXML

    カスタム Web 公開 with XML

    FMXDBC

    ODBC および JDBC アプリケーション

    拡張アクセス権が一覧表示されない場合、クライアントは共有データベースを開くことができません。アクセス権を付与するには、サーバー上のファイルを閉じてから FileMaker Pro で開き、アクセス権を付与するアカウントの拡張アクセス権を有効にします。

メモ  

  • 「Event.log」 (または Windows のイベントビューア) にファイルの表示に関する FileMaker Server メッセージが記載されています。イベントログを参照してください。
  • 起動後に共有フォルダへ手動でファイルを追加した場合、それらのファイルにはデータベース名の横に [閉じました] () 状態アイコンが表示されます。それらのファイルを開く必要があります。共有ファイルの開き方を参照してください。