コマンドラインインターフェースの使用

FileMaker では、CLI (コマンドラインインターフェース) での FileMaker Server の管理に fmsadmin ツールが提供されています。CLI を使用するには、直接またはリモートデスクトップソフトウェアを使用して FileMaker Server を実行するコンピュータにログオンする必要があります。CLI はコマンドプロンプト (Windows)、Linux コマンドライン、またはターミナルアプリケーション (macOS) で使用できます。CLI コマンドはスクリプトまたはバッチファイルでも使用できます。

CLI ヘルプ

利用可能なコマンドおよびオプションの一覧とその使用方法について記載されたヘルプページを表示するには、CLI で help コマンドを使用します:

fmsadmin help

特定のコマンドのヘルプページを見るには、コマンドキーワードを付けて help コマンドを使用します。たとえば、resetpw コマンドについてのヘルプを見るには、次のように入力します:

fmsadmin help resetpw 

CLI コマンド

fmsadmin コマンドの一般的な形式は次のとおりです:

fmsadmin コマンド [オプション]

次の例は、Admin Console のユーザ名 admin とパスワード pword を認証し、確認を求めずに開いているすべてのデータベースを閉じます:

fmsadmin close -y -u admin -p pword

重要  CLI コマンドには、Admin Console 名とパスワードを含めることができます。コマンドが対話的に使用されている場合、ユーザ名は表示されますがパスワードは表示されません。スクリプトまたはバッチファイルのコマンドに名前とパスワードを含める必要がある場合は、必ずパスワードの所有者のみがスクリプトまたはバッチファイルを表示できるようにしてください。

CLI ファイル

CLI 実行可能ファイル「fmsadmin」は次のフォルダにあります:

  • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Database Server¥fmsadmin.exe
  • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Database Server/bin/fmsadmin
  • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Database Server/bin/fmsadmin

メモ  

  • Windows: デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: ¥指定したパス¥Database Server¥
  • macOS: fmsadmin への次のシンボリックリンクもインストールされます: /usr/local/bin/fmsadmin
  • Linux: fmsadmin への次のシンボリックリンクもインストールされます: /usr/bin/fmsadmin