XML クエリーのデータベースの共有

FileMaker カスタム Web 公開 with XML を使用する場合、FileMaker Server へのクエリーリクエストの送信、応答データの表示、変更、操作を必要に応じて実行できます。適切なクエリーコマンドと引数を指定した HTTP リクエストを使用して、FileMaker データを XML ドキュメントとして取得できます。

メモ  Linux では、カスタム Web 公開 with PHP およびカスタム Web 公開 with XML はサポートされていません。

カスタム Web 公開 with XML を使用するデータベースを共有するには:

  1. FileMaker Pro で、データベースを開いてデータベースにアクセスするアカウントのアクセス権セットを編集します。拡張アクセス権の [XML Web 公開でのアクセス - FMS のみ] を有効にします。

    メモ  FileMaker Pro データベースソリューションで複数の FileMaker Pro データベースファイルが使用される場合、XML を使用してアクセスするすべてのデータベースファイルで拡張アクセス権の [XML Web 公開でのアクセス - FMS のみ] を有効にする必要があります。

  2. CLI を使用すると、次のコマンドを使用してカスタム Web 公開 with XML を有効にすることができます:

    fmsadmin set cwpconfig enablexml=true 

    コマンドラインインターフェースの使用を参照してください。

  3. プライマリマシン上で Web 公開エンジンが有効になっていることを Admin Console で確認してください。Web 公開設定を参照してください。

  4. カスタム Web 公開のデータベースを準備します。『FileMaker Server カスタム Web 公開ガイド』を参照してください。

  5. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードします。FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップロードを参照してください。

    メモ  FileMaker Pro データベースソリューションで複数の FileMaker Pro データベースファイルを使用する場合、XML を使用してアクセスするデータベースファイルはすべて同じコンピュータ上にある必要があります。

  6. HTML フォーム、HREF リンク、またはプログラムや Web ページ内のスクリプトを使用して、FileMaker XML 文法、1 つのクエリーコマンド、および 1 つまたは複数の FileMaker クエリー引数を指定した URL の形式で、HTTP または HTTPS リクエストを Web 公開エンジンに送信します。Web ブラウザに URL を入力することもできます。

    XML データの URL の指定の詳細については、『FileMaker Server カスタム Web 公開ガイド』を参照してください。