OData アクセス用のデータベースの共有 (Linux)

OData (Open Data Protocol) は、標準化された方法を使用してデータのクエリーおよび更新ができるようになる業界標準の API プロトコルです。REST API クライアントが Claris FileMaker Cloud® および FileMaker Server で共有されている FileMaker データにアクセスできるようになります。OData は REST (Representational State Transfer) アーキテクチャに準拠する REST API です。

OData API でのアクセス用のデータベースを共有するには:

  1. FileMaker Pro で、データベースを開いてデータベースにアクセスするアカウントのアクセス権セットを編集します。拡張アクセス権の [OData (fmodata) でのアクセス] を有効にします。

    メモ  FileMaker Pro データベースソリューションで複数の FileMaker Pro データベースファイルが使用される場合、OData API を使用してアクセスするすべてのデータベースファイルで拡張アクセス権の [OData (fmodata) でのアクセス] を有効にする必要があります。

  2. Admin Console の [コネクタ] > [OData] タブを使用して OData API を有効にします。OData API 設定 (Linux)を参照してください。
  3. OData API を使用したアクセス用のデータベースを準備します。FileMaker Cloud 2.19 OData ガイドを参照してください (FileMaker Cloud および FileMaker Server for Linux に適用)。
  4. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードします。FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップロードを参照してください。

    メモ  FileMaker Pro データベースソリューションで複数の FileMaker Pro データベースファイルを使用する場合、OData API を使用してアクセスするデータベースファイルはすべて同じコンピュータ上にある必要があります。

  5. REST 対応の Web サービスを使用して、OData API ステートメントを指定する HTTPS リクエストを URL の形式で送信します。

    OData API を使用する Web サービスを記述する方法の詳細については、FileMaker Cloud 2.19 OData ガイドを参照してください (FileMaker Cloud および FileMaker Server for Linux に)。