[スクリプトスケジュール] タブの使用

[構成] > [スクリプトスケジュール] タブを使用して、FileMaker Server によって共有されているデータベース上で実行するスクリプトスケジュールを管理します。このタブを使用して、新しいスケジュールの作成、既存のスケジュールの編集、スケジュールの有効化または無効化を行います。有効になっている場合、タスクスケジュールが自動的に実行されます。

スクリプトスケジュールの概要については、管理タスクのスケジュールを参照してください。

スクリプトスケジュールの詳細

詳細

説明

スケジュール名

スケジュールの名前

データベース

FileMaker スクリプトの場合、スクリプトが含まれているデータベース

スケジュール時刻

次にスケジュールが実行される時刻。スケジュールを実行中の場合はこの列に [実行中...] と表示され、スケジュールの実行時間が有効でない場合は [無効] と表示されます。

有効

スケジュールの自動的な実行が有効かどうか

スクリプトスケジュールの操作

目的

実行方法

スクリプトを作成する

スクリプトスケジュールの作成または変更を参照してください。

スクリプトスケジュールの詳細を表示する

スクリプトスケジュールを選択して [設定] をクリックします。

スクリプトスケジュールを有効または無効にする

スクリプトスケジュールを [有効] または [無効] に設定します。

スクリプトスケジュールの名前を変更する

スクリプトスケジュールの作成または変更を参照してください。

スクリプトスケジュールを複製する

スクリプトスケジュールを選択して [複製] をクリックします。

スクリプトスケジュールを削除する

スクリプトスケジュールを選択して [削除] をクリックします。

スクリプトスケジュールを実行する

スクリプトスケジュールを選択して [今すぐ実行] をクリックします。

スケジュール設定の操作

Admin Console ではスケジュールを設定ファイルに保存することができます。また、設定ファイルをロードして以前に保存したスケジュールに戻すことができます。スケジュールの保存およびロードを参照してください。

メモ  

  • 次の実行時間が有効な場合、新しいスクリプトスケジュールはデフォルトで有効になります。
  • タスクスケジュールが実行されると、FileMaker Server によりエントリが「Event.log」ファイルに追加されます。ログファイルのエントリの参照を参照してください。
  • FileMaker Server により、Admin Console および CLI から次の個々のキューに、タスクおよびファイル関連コマンドが保存されます:
    • バックアップ、検証、およびファイル関連コマンド (たとえば、開く、閉じる、一時停止、および再開): このキューから一度に実行されるタスクまたはコマンドは 1 つだけです。残りのタスクまたはコマンドは、現在の処理が完了するまで実行されません。
    • メッセージの送信およびスクリプトスケジュールの実行 (FileMaker スクリプトおよびシステムスクリプトファイル): このキューからは、複数のタスクを同時に実行できます。

    FileMaker Server では、両方のキューからタスクが同時に実行されます。たとえば、最初のキューにバックアップコマンドと一時停止コマンドがあり、2 つめのキューにスクリプトスケジュールがあるとします。FileMaker Server では、バックアップコマンドとスクリプトスケジュールが同時に実行されます。一時停止コマンドはバックアップコマンドが完了するまで実行されません。