システムスクリプトファイルの実行

FileMaker Server では、Windows バッチコマンド、VBScript、または macOS シェルスクリプト (bash、Perl、Python) など、システムスクリプトファイルを実行できます。システムスクリプトタスクスケジュールの作成や、スクリプトファイルおよびオプションのスクリプト引数、スクリプトの実行に使用するユーザアカウント、およびスクリプトを実行するタイミングを指定できます。システムスクリプトを使用して FileMaker Server の外部でタスクを実行します。

タスクスケジュールとしてスクリプトを実行するには、システムスクリプトファイルを FileMaker Server の「Scripts」フォルダに置く必要があります:

  • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Scripts¥

    デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: ¥指定したパス¥Data¥Scripts¥

  • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Data/Scripts/
  • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Data/Scripts/

システムスクリプト作成の詳細については、使用するスクリプト言語のマニュアルを参照してください。

メモ  

  • システムスクリプトにエラー処理および条件分岐ロジックを含める必要があります。スクリプトの構文が正しく、無限ループによって応答が停止しないこと、外部リソースが使用可能なことを確認してください。スクリプトの実行に指定した [タイムアウト (分)] よりも長い時間がかかる場合、またはデータベースサーバーが停止した場合にシステムスクリプトスケジュールを中止するには、[タイムアウトに達した場合にスケジュールを終了] を選択します。このオプションを選択していないときにシステムスクリプトが応答しなくなった場合、スクリプトのプロセス ID を「Event.log」ファイルで調べて終了します。(イベントログを参照してください。)
  • システムスクリプトスケジュールで、システムスクリプトの実行に対する正しいアクセス権を持つアカウントを指定する必要があります。(スクリプトスケジュールの詳細の指定を参照してください。)
  • スクリプトに対していずれかの形式のログを有効にして、発生する可能性があるアクセス権の問題をトラブルシューティングできます。macOS シェルスクリプトを使用したログファイル作成の詳細については、Apple の Web サイトを参照してください。
  • ユーザインターフェースを起動するシステムスクリプトは使用しないでください。