プラグインファイルのフォルダ

FileMaker スクリプトエンジンでプラグインを使用できるようにするには、FileMaker Server 展開のマスタマシンの正しいフォルダにそのプラグインを置く必要があります。

  • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Database Server¥Extensions¥
  • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Database Server/Extensions/
  • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Database Server/Extensions/

Web 公開エンジンを有効にしてプラグインを使用するには、プラグインのコピーを Web 公開エンジンを実行している展開の各マシン (データベースサーバーを実行しているマシンを含む) 上に配置します。すべての Web 公開ソリューション (XML、PHP、および FileMaker WebDirect) において、プラグインは次のフォルダに配置します:

  • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Web Publishing¥publishing-engine¥cwpc¥Plugins¥

    デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: ¥指定したパス¥Web Publishing¥publishing-engine¥cwpc¥Plugins¥

  • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/cwpc/Plugins/
  • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/cwpc/Plugins/

メモ  

  • macOS: FileMaker Server に対して、プラグインの正しいファイルアクセス権を設定する必要があります。プラグインファイルアクセス権の変更 (macOS) を参照してください。
  • 「Plugins」フォルダが存在しない場合は作成する必要があります。このフォルダまたはサブフォルダに配置したプラグインは、fmsadmin グループによって所有される必要があります。ファイルアクセス権では、fmsadmin グループによるプラグインファイルの読み取りと実行が可能である必要があります。