共有ファイルの一時停止と再開

[開きました] の状態が表示されている 1 つまたは複数の開いているデータベースへのアクセスを一時的に停止することができます。接続されているクライアントは、一時停止している間、データベースからデータを読み取ることができますが、共有が再開されるまでデータベースを修正することはできません。たとえば、データベースを一時停止してファイルのコピーを作成してオペレーティングシステムを安全に使用することができます。

1 つのデータベースを一時停止するには:

  1. [データベース] ページをクリックします。
  2. [開きました] () になっているデータベースを選択します。
  3. をクリックして [一時停止] を選択します。

すべてのデータベースを一時停止するには:

  1. [データベース] ページをクリックします。
  2. [すべてのデータベース] で をクリックして [すべて一時停止] を選択します。

1 つのデータベースを再開するには:

  1. [データベース] ページをクリックします。
  2. [一時停止] () になっているデータベースを選択します。
  3. をクリックして [再開] を選択します。

すべてのデータベースを再開するには:

  1. [データベース] ページをクリックします。
  2. [すべてのデータベース] で をクリックして [すべて再開] を選択します。