イベントログの言語の変更

「Event.log」で、FileMaker Server のインストール時にコンピュータで使用されていた言語と異なる言語を使用する場合は、プライマリマシンの環境設定ファイル (macOS) またはレジストリ (Windows) を変更することができます。

次の手順で、サポートされている言語であるEnglishFrenchGermanJapaneseItalianSpanish のいずれかの名前にロケール設定 (ロケール名では大文字と小文字が区別されます) を変更できます。

メモ  Linux では、現時点ではイベントログの言語の変更はサポートされていません。

「Event.log」に使用する言語を変更するには (Windows):

重要  次の手順は、Windows レジストリに精通している上級ユーザにのみお勧めします。管理アクセス権を持つアカウントを使用してログインする必要があります。

  1. データベースサーバーを停止します。FileMaker Server コンポーネントの起動または停止を参照してください。

  2. レジストリエディタを起動します。

    [スタート] メニュー > [ファイル名を指定して実行] を選択します。[ファイル名を指定して実行] ダイアログボックスに regedit と入力します。

    ヒント  レジストリエディタを使用して、レジストリのコピーをエクスポートしてから、先に進みます。

  3. レジストリエディタで、次のキーを探します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥FileMaker¥
    FileMaker Server¥19.0¥Preferences
  4. このキーで、SystemLocale エントリをダブルクリックします。

  5. SystemLocale エントリの値を上記のいずれかの値に変更します。

    たとえば、JapaneseFrench に変更します。

  6. レジストリエディタを終了します。

  7. 変更を有効にするためにデータベースサーバーを再起動します。

    次回「Event.log」を開くとエントリが新しい言語で表示されます。

「Event.log」に使用する言語を変更するには (macOS):

重要  次の手順は、ターミナルアプリケーションに精通している上級ユーザにのみお勧めします。root ユーザとしてログインする必要があります。

  1. ターミナルアプリケーション (/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル) を起動します。

  2. データベースサーバーを停止します。FileMaker Server コンポーネントの起動または停止を参照してください。

  3. root ユーザとしてログインします。

  4. 次の場所にある .plist ファイルを探します:

    /ライブラリ/FileMaker Server/Library/Preferences/ByHost

  5. <key>System Locale</key> の直後の行で、上記の値のいずれかにロケールの名前を変更します。

    たとえば、<string>Japanese</string><string>French</string> に変更します。

  6. 変更を保存します。

  7. 変更を有効にするためにデータベースサーバーを再起動します。

    次回「Event.log」を開くとエントリが新しい言語で表示されます。