コマンドラインのエラーメッセージ

次に、CLI (コマンドラインインターフェース) を使用している場合に表示されることがあるエラーコードの一覧と各コードの簡単な説明を示します。

 

10001

無効な引数

10502

ホストに接続できません。サーバーが利用可能になっていることを確認します。

10504

管理者を接続解除することはできません。接続を解除しようとしているクライアントは管理者です。管理者は常に接続している必要があります。

10600

スケジュールが見つかりません

10604

スケジュールを有効にできません

10606

スケジュールの無効なバックアップの保存先

10801

ロケールが見つかりませんでした

10900

エンジンがオフラインです

10901

開いているファイルが多すぎます

10902

ファイルが開いていません

10903

同じ名前のファイルがすでに開いています

10904

この操作に対するファイルが見つかりませんでした

11000

ユーザが無効なコマンドを指定しました

11001

ユーザが無効なオプションを指定しました

11002

コマンドの書式が無効です

11005

クライアントが存在しません

20302

不明なユニバーサルパスタイプ

20400

ファイルの操作がキャンセルされました

20401

ファイルの終わり

20402

アクセス権がありません

20404

ファイルが開いていません

20405

ファイルが見つかりません

20406

ファイルが存在します

20407

ファイルはすでに開いています

20500

ディレクトリが見つかりません

20600

ネットワーク初期化エラー

20602

ネットワークに接続できません

更新されたエラーコードについては、ナレッジベースを参照してください。

FileMaker Pro エラーコードの詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。