スケジュール設定のロード

重要  スケジュール設定ファイルをロードすると、すべての既存のスケジュール (バックアップスケジュール、スクリプトスケジュール、メッセージスケジュール、およびデータベースの検証スケジュール) が削除され、スケジュール設定ファイルのスケジュールに置き換えられます。複数の FileMaker Server 展開のスケジュール設定をマージすることはできません。

スケジュール設定ファイルをロードする前に、ソースサーバーのインストールと同一のフォルダ構造を新しい FileMaker Server インストールに作成していることを確認してください。データベース、スクリプト、およびその他のソリューションファイルをソースインストールから新しい FileMaker Server インストールにコピーし、適切なアクセス権を macOS で設定します。別のマシンにインストールする場合は、スケジュール設定ファイルを新しいインストールにコピーします。詳細については、スケジュールの保存およびロードを参照してください。

  1. 新しい FileMaker Server インストールについては、Admin Console で [構成] > [スクリプトスケジュール] タブをクリックするか、[バックアップ] > [バックアップスケジュール] タブをクリックします。
  2. [保存またはロード] > [すべてのスケジュールをロード] を選択します。
  3. [参照...] をクリックしてスケジュール設定ファイルを選択し、[開く] (Windows) または [選択] (macOS) をクリックします。
  4. [ロード] をクリックしてスケジュール設定ファイルを FileMaker Server にロードします。
  5. ロードされたスケジュールの詳細な情報については、「Logs」フォルダの「LoadSchedules.log」ファイルを参照してください。

メモ  

  • 新しい FileMaker Server インストールでスケジュール設定ファイルをロードすると、FileMaker Server はデフォルトのデータベースフォルダ構造のフォルダ、データベース、およびスクリプトを参照するスケジュールの相対パスを自動的に更新します。新しいインストールでフォルダ、データベース、およびスクリプトを別のフォルダに移動している場合は、[設定] をクリックして、新しいフォルダ内のフォルダ、データベース、およびスクリプトを参照するすべてのスケジュールのパスを変更します。設定手順については、スクリプトスケジュールの作成または変更を参照してください。
  • 必要に応じて見つからないデータベースをアップロードし、見つからないフォルダ、スクリプトファイル、スクリプトシーケンス用の外部ファイル、またはプラグインを正しいフォルダに移動します。