FileMaker Server によって使用されるポート

ファイアウォールを使用している環境で FileMaker Server を実行する場合は、各マシン上のファイアウォールを FileMaker Server の通信を許可するように設定してください。ポートの詳細については、FileMaker ナレッジベースを参照してください。

メモ  一覧されているポートのすべてがエンドユーザに対して、または FileMaker Server 展開内で [使用者] 列に示されているすべてのマシンまたはエンドユーザ間で開かれている必要はありません。[使用可能] とマークされているポートは [使用者] 列に示されるマシンでローカルに使用されます。これらのポートは他の目的に使用できませんが、ファイアウォールで開く必要はありません。FileMaker Server の展開の詳細については、FileMaker Server インストールおよび構成ガイドを参照してください。

マスタマシンまたはワーカーマシンの既存の Web サイトがポート 80 または 443 を使用していないことを確認してください。これらのポートは両方のマシンで FileMaker Server が使用します。これらのポートが既存の Web サイトで使用されていることが FileMaker Server インストーラで検出された場合、その Web サイトを無効にするように求めるプロンプトが表示されます。

  • Windows: マスタマシンとワーカーマシンの両方で IIS Web サーバーが有効であること、および既存の Web サイトがポート 80 または 443 を使用していないことを確認してください。各マシンでこれらのポートを使用する独自の Web サイトが FileMaker Server インストーラによって作成されます。
  • macOS および Linux: macOS に含まれる Web サーバーは有効にする必要はありません。有効な場合は、既存の Web サイトがマスタマシンまたはワーカーマシンのポート 80 または 443 を使用していないことを確認してください。インストーラが各マシンに Web サーバーインスタンスを個別に作成し、FileMaker Server がこれらのポートを使用できるように有効になります。