Get (アカウント名)

ファイルの現在のユーザによって使用されている認証アカウント名を返します。

構文 

Get (アカウント名)

引数 

なし

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点バージョン 

7.0

説明 

ユーザがデフォルトの Admin アカウントで認証される場合、Get (アカウント名) は「Admin」を返します。FileMaker Pro ゲストアカウントが使用されている場合は、「[Guest]」が返されます。

外部サーバー、Claris ID アイデンティティプロバイダシステム、外部アイデンティティプロバイダ (IdP)、または OAuth アイデンティティプロバイダで、グループ資格情報によりアカウントを認証する場合、Get (アカウント名) は、ファイルの現在のユーザによって使用されている認証アカウントの名前を返します。ユーザが属するグループの名前ではありません (グループの名前は、FileMaker Pro でアカウントアクセスとアクセス権を定義すると、[セキュリティの管理] ダイアログボックスに表示されます)。

メモ 

  • 計算では、Get (アカウント名) から返されるアカウント名に大文字と小文字のどちらが使用されているかに左右されないようにする必要があります。Lower などの関数を使用して、返されるテキストを既知のケースに変更することができます。

例 1 

bob@example.com がデータベースファイルにサインインするために使用された Claris ID ユーザ名の場合に、「bob@example.com」を返します。

例 2 

ユーザが Bob アカウント (FileMaker ファイルアカウント) にサインインするときに「BOB」と入力した場合、Get (アカウント名) は「BOB」を返します。