外部データソースへのアクセス

現在のアクティブな FileMaker Pro ファイルのデータを操作するのとほぼ同じ方法で外部データソースのデータに接続して操作できます。たとえば、次のようなことができます:

  • 他の FileMaker Pro ファイルと ODBC データソースのリレーションシップグラフにテーブルを作成する
  • FileMaker フィールドとレイアウトで他のファイルからのデータを操作する
  • 非保存計算を実行する ODBC テーブルに補助フィールドを追加する、または ODBC テーブルでデータを集計する
  • 外部データを対話的に追加、変更、および削除する
  • FileMaker テーブルのフィールドと ODBC テーブルのフィールド (「列」とも呼ばれる) 間にリレーションシップを作成する
  • ODBC からのインポートのために、SQL クエリーを構築する。FileMaker Pro から ODBC データソースへのクエリーの実行を参照してください。

メモ