アクセス権セットの拡張アクセス権の編集

アクセス権セットにより、拡張アクセス権を制限することができます。これによって共有ファイルにアクセス可能かどうかと、共有ファイルへのアクセス方法が決まります。

アクセス権セットの拡張アクセス権を編集するには:

  1. [アクセス権セットの編集] ダイアログボックスで、新規または既存のアクセス権セットの編集を開始します。

    アクセス権セットの作成と編集を参照してください。

    メモ  [ファイル] メニュー > [管理] を選択したときに [セキュリティ...] がグレー表示されている場合は、使用しているアクセス権では、このコマンドへのアクセスが許可されていない可能性があります。下の「メモ」のセクションで、拡張アクセス権を編集する別の方法を参照してください。

  2. [拡張アクセス権] の一覧で、有効にする拡張アクセス権を選択し、無効にするものを解除します。

    次の表は、利用できるデフォルトの拡張アクセス権を示します。

  3. キーワード

    拡張アクセス権

    アクセス権で許可する操作

    fmwebdirect

    FileMaker WebDirect によるアクセス

    FileMaker WebDirect での Web ブラウザからのデータベースファイルへのアクセス (FileMaker Server および FileMaker Cloud 製品のみ)。

    fmxdbc

    ODBC/JDBC によるアクセス

    データベースファイルへの ODBC または JDBC データソースとしてのアクセス。

    fmapp

    FileMaker ネットワーク、サーバーサイドスクリプト、または FileMaker Go によるアクセス

    共有ファイル (FileMaker Pro、FileMaker Server、または FileMaker Cloud 製品で共有されるファイル) を開く。

    fmreauthenticate10

    スリープ/バックグラウンドで指定した時間を経過した場合に再認証を要求する

    ファイルの休止後または他のアプリケーション使用後に再ログインすることなく、FileMaker Go でのファイルへのアクセス。また、FileMaker Pro または FileMaker Go がネットワーク接続の切断またはデバイスのスリープにより FileMaker ホストから接続解除された後にどれくらいの時間が経過すると自動的な再接続に再認証が必要になるのかも決定します。

    デフォルト時間は「10 分」です。デフォルトの時間を変更するには、拡張アクセス権の作成と編集を参照してください。

    fmxml

    XML Web 公開でのアクセス

    XML Web 公開での Web ブラウザや他のアプリケーションからのデータベースファイルへのアクセス (FileMaker Server のみ)。

    fmphp

    PHP Web 公開でのアクセス

    PHP Web 公開での Web ブラウザや他のアプリケーションからのデータベースファイルへのアクセス (FileMaker Server のみ)。

    fmrest

    FileMaker Data API でのアクセス

    FileMaker Data API での Web サービスからのデータベースファイルへのアクセス (FileMaker Server および FileMaker Cloud 製品のみ)。FileMaker Data API ガイドを参照してください。

    fmextscriptaccess

    Apple events および ActiveX による FileMaker 操作の実行を許可

    別のアプリケーションからのデータベースファイルへのアクセス。

    fmurlscript

    URL による FileMaker スクリプトの実行を許可

    URL またはショートカットを使用したスクリプトの実行。URL を使用してファイルを開くおよびショートカットによるスクリプトの実行を参照してください。

    fmodata

    OData でのアクセス

    OData 対応クライアントアプリケーションからデータベースファイルへのアクセス。FileMaker Cloud OData ガイドを参照してください。

    fmplugin (v19.2.1)

    クロスファイルプラグインアクセスを検証

    ソースファイルで呼び出されてターゲットファイルにアクセスするプラグイン。ファイル間でのプラグインアクセスの制御についてを参照してください。

メモ 

  • 「fm」で始まる拡張アクセス権を作成しないでください。この接頭語を含むキーワードは Claris に予約されています。

  • 拡張アクセス権を有効にした場合に許可されるのは、特定のアクセス権セットによる共有データへのアクセスのみです。実際に共有データにアクセスするには、必要なアクセスのタイプの共有も設定する必要があります。ネットワーク上でのファイルの共有ODBC または JDBC による FileMaker Pro のデータの共有、または Web 上でのデータベースの公開を参照してください。

  • 使用しているアクセス権セットで許可されている場合は、FileMaker ネットワーク、ODBC/JDBC、または FileMaker WebDirect の共有設定を行う際に、すべてのユーザまたは特定のアクセス権セットに対して共有を有効にすることができます。この方法は、[拡張アクセス権の管理] アクセス権が有効なアクセス権セットが割り当てられていれば、どのアカウントアクセスでも利用できます。したがって、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられていないアカウントアクセスでも利用することができます。その他のアクセス権の編集ネットワーク上でのファイルの共有FileMaker Pro での ODBC と JDBC の使用、または FileMaker WebDirect でデータベースを公開するを参照してください。

  • ファイルがパスワードを資格情報マネージャ (Windows) またはキーチェーン (macOS、iOS、および iPadOS) に保存するように設定され、fmreauthenticate 拡張アクセス権が有効になっている場合は、パスワードが無効であるか、現在のアカウント名が資格情報マネージャまたはキーチェーンに保存されているアカウント名と一致しない場合以外は、アカウント情報の入力は要求されません。