事前定義済みアクセス権セットについて

新しく作成したすべての FileMaker Pro データベースには、あらかじめ定義された 3 つのアクセス権セットが用意されています:

  • 完全アクセス: ファイルのすべての要素にアクセスおよび変更することができます。
  • データ入力のみ: データの表示と入力のみが許可されます。
  • 閲覧のみアクセス: データの表示は許可されますが、変更は許可されません。

    メモ  [閲覧のみアクセス] アクセス権セットにより、すべてのグローバルフィールドへの書き込みが許可されます。グローバルフィールドとすべてのレコードデータを閲覧のみとするアクセス権セットを作成するには、[閲覧のみアクセス] アクセス権セットの複製を作成し、[レコード] を [カスタムアクセス権] > [すべてのテーブルでの表示のみ] に変更します。

あらかじめ定義されているアクセス権セットの変更や削除はできません。ただし、拡張アクセス権の有効/無効を切り替えることはできます。あらかじめ定義されているアクセス権セットは、そのまま使用するか、複製してコピーを編集することができます。

次の表は、これらのアクセス権セットのプロパティの概要を示します。

アクセス権

[完全アクセス] アクセス権セット

[データ入力のみ] アクセス権セット

[閲覧のみアクセス] アクセス権セット

レコード (すべてのテーブル)

作成、編集、削除

作成、編集、削除

表示のみ

レイアウト

すべて変更可能

表示のみ

表示のみ

値一覧

すべて変更可能

表示のみ

表示のみ

スクリプト

すべて変更可能/実行可能

すべて実行のみ可能

すべて実行のみ可能

拡張アクセス権

すべて無効 (fmreauthenticate10 を除く)

すべて無効 (fmreauthenticate10 を除く)

すべて無効 (fmreauthenticate10 を除く)

印刷を許可

有効

有効

有効

エクスポートを許可

有効

有効

有効

拡張アクセス権の管理

有効

無効

無効

完全アクセスのないアカウントを管理

有効

無効

無効

データ入力警告の無視を許可

有効

無効

無効

アイドル状態の時、サーバーからユーザの接続を解除する

無効

有効

有効

パスワード変更を許可

有効

有効

有効

パスワード変更までの日数

無効

無効

無効

パスワードの最小の長さ

無効

無効

無効

利用できるメニューコマンド

すべて

すべて

すべて

メモ  [完全アクセス] アクセス権セットは、[データベースの管理] ダイアログボックスにアクセスして、フィールド、テーブル、リレーションシップ、およびデータソースを変更することが許可されている唯一のアクセス権セットです。これは、アカウントアクセスとアクセス権を変更するために [セキュリティの管理] ダイアログボックスと [詳細セキュリティ設定] ダイアログボックスへの完全アクセスを許可する唯一のアクセス権セットです。(ただし、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられていないアカウントに対し、一部のセキュリティ設定を変更できる権限を限定的に付与する 2 つのアクセス権があります。その他のアクセス権の編集を参照してください)。データベース定義を変更するユーザ、または完全アカウントアクセスとアクセス権を変更するユーザは、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられているアカウントを使用してファイルを開く必要があります。

各ファイルでは、FileMaker ファイルで認証される少なくとも 1 つのアクティブなアカウントに、[完全アクセス] アクセス権セットを割り当てる必要があります。アカウントを編集した結果、どのアクティブなアカウントにも [完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられていない状態になった場合は、エラーメッセージが表示されます。