値一覧アクセス権の編集

アクセス権セットにより、ファイル内の値一覧へのアクセスを制限することができます。ファイルに対して、次の内容を設定することができます:

  • すべての値一覧に適用するアクセス権: 値一覧の表示、編集、および削除を許可するか、表示のみを許可することができます。
  • 個々の値一覧に適用するカスタムアクセス権: 各値一覧に対して、変更可能、表示のみ、アクセスなしのいずれかのアクセス権を設定することができます。

すべての値一覧に適用するアクセス権を編集するには:

  1. [アクセス権セットの編集] ダイアログボックスで、新規または既存のアクセス権セットの編集を開始します。

    アクセス権セットの作成と編集を参照してください。

  2. [データアクセスとデザイン] 領域で値一覧に [すべて変更可能]、[すべて表示のみ]、または [すべてアクセスなし] を選択します。これらのオプションでは、次の操作を許可または禁止します:
    • [すべて変更可能] を選択すると、値一覧の表示、変更、複製、削除、および新規値一覧の作成が許可されます。
    • [すべて表示のみ] を選択すると、既存の値一覧の表示のみが許可されます。[値一覧の管理] ダイアログボックスを開いて、値一覧を作成または編集することはできません。
    • [すべてアクセスなし] を選択すると、すべての値一覧の項目の表示が禁止されます。値一覧の名前が表示される [ソート] ダイアログボックスなどのダイアログボックスで、値一覧の名前へのアクセスが禁止されます。[値一覧の管理] ダイアログボックスを開いて、値一覧を作成または編集することはできません。

個々の値一覧に適用するアクセス権を編集するには:

  1. [アクセス権セットの編集] ダイアログボックスで、新規または既存のアクセス権セットの編集を開始します。

    アクセス権セットの作成と編集を参照してください。

  2. [データアクセスとデザイン] 領域で値一覧に [カスタムアクセス権...] を選択します。[カスタムレイアウトアクセス権] ダイアログボックスで、各値一覧を選択して、必要なアクセス権を設定します ([新規値一覧] を選択すると、今後作成するすべての値一覧で使用するアクセス権を設定することができます)。個々の値一覧に対してアクセス権を設定したら、[OK] をクリックします。
  3. 目的

    [カスタム値一覧アクセス権] ダイアログボックスでの操作

    値一覧の表示、編集、および削除を許可する

    [アクセス権:] で [変更可能] を選択します。

    値一覧の表示のみ許可する[値一覧の管理] ダイアログボックスでの値一覧の編集を禁止する

    [アクセス権:] で [表示のみ] を選択します。

    値一覧の項目の表示を禁止し(ユーザには、値一覧の項目の代わりに「<アクセスがありません>」と表示されます)、[値一覧の管理] ダイアログボックスでの値一覧の編集を禁止する

    [アクセス権:] で [アクセスなし] を選択します。

    新規値一覧の作成および表示可能な値一覧の複製を許可する

    [新規値一覧の作成を許可] チェックボックスを選択します。

メモ 

  • カスタム値一覧アクセス権を [表示のみ]、[すべて表示のみ] に設定すると、[値一覧の管理] ダイアログボックスを開いて、値一覧を作成または編集することはできません。ただし、カスタム値一覧アクセス権を [表示のみ] に設定されている場合でも、適切なアクセス権を持つユーザに対して値一覧を変更可能にすることができます。この場合は、フィールドオブジェクトの書式に、新規値一覧項目の追加を許可するオプション、または既存の値一覧の項目の編集を許可するオプション (またはその両方) を設定します。ポップアップメニュー、チェックボックスセット、またはその他のコントロールを表示するためのフィールド設定を参照してください。
  • ODBC データの含まれる値一覧では、アクセスなしアクセス権および制限付きカスタムアクセス権はサポートされていません。ユーザが値一覧内の ODBC データを表示しないようにするには、外部 SQL データベースの行レベルセキュリティを強化する必要があります。