テーブルデータを削除

現在の対象レコードに関係なく指定したソーステーブルのすべてのレコードを削除します。

オプション 

  • [ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときにレコードの削除の確認をユーザに求めるダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。
  • [現在のテーブル] は、このスクリプトステップが実行されたときのアクティブなテーブルオカレンスのソーステーブルです。
  • [テーブルを指定] では、現在のファイルのみのソーステーブルを選択できます。

互換性 

製品 サポート
FileMaker Pro はい
FileMaker Go はい
FileMaker WebDirect はい
FileMaker Server 一部
FileMaker Cloud 製品 一部
FileMaker Data API 一部
カスタム Web 公開 一部

起点バージョン 

15.0

説明 

重要  すべてのレコードを削除した場合は元に戻すことはできません。

[テーブルデータを削除] により、削除前にソーステーブルのすべてのレコードに対してロックが試行されます。ロックできないレコードがある場合 (たとえば、レコードが他のユーザによって編集中である場合)、[テーブルデータを削除] が停止し、エラーコードが返されます。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

多数のレコードを削除する場合は、[対象レコード削除] スクリプトステップよりもこのスクリプトステップの方が高速に処理できる場合があります。

メモ 

  • リレーションシップで設定されている場合でも、[テーブルデータを削除] では関連レコードは削除されません (リレーションシップの作成と変更を参照してください)。関連レコードも削除するには、代わりに [対象レコード削除] を使用します。
  • [テーブルデータを削除] を使用するには、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられているアカウントアクセスが必要です。
  • [テーブルデータを削除] では、指定したテーブルのグローバルオブジェクトフィールドの内容は削除されますが、その他のタイプのグローバルフィールドの内容は削除されません。
  • [現在のテーブル] を選択しており、このスクリプトステップが実行されたときのアクティブなテーブルオカレンスが ODBC データソースからのものである場合は、[テーブルデータを削除] はスキップされてエラーコードが返されます。アクティブなテーブルオカレンスが外部の FileMaker Pro ファイルのものである場合、[テーブルデータを削除] は通常どおり実行されます。
  • サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、このスクリプトステップを [ダイアログあり] オプションが [オフ] の場合と同様に実行します。

例 1 

ユーザにメッセージを表示した後で、請求書という名前のソーステーブルのすべてのレコードを削除します。

コピー
テーブルデータを削除 [ダイアログあり: オン; テーブル: 「請求書」]