OnTimer スクリプトをインストール

指定されたスクリプトを指定した間隔で実行します。

オプション 

  • [スクリプト名] は、実行するスクリプトを指定します。
  • [オプションのスクリプト引数] は、指定したスクリプトのスクリプト引数を指定します。
  • [間隔の秒数] はタイマーでスクリプトを実行するまでの秒数です。

互換性 

製品 サポート
FileMaker Pro はい
FileMaker Go はい
FileMaker WebDirect はい
FileMaker Server いいえ
FileMaker Cloud いいえ
FileMaker Data API いいえ
カスタム Web 公開 いいえ

起点バージョン 

10.0

説明 

このスクリプトステップは、ウインドウごとに 1 つのタイマーをインストールし、別の [OnTimer スクリプトをインストール] スクリプトステップによってウインドウにタイマーがインストールされるか、ウインドウが閉じられるまで、指定されたスクリプトをそのウインドウ内で繰り返します。インストールされたタイマーは、スクリプトまたは間隔を指定せずに別の [OnTimer スクリプトをインストール] スクリプトステップを実行することによって停止させることができます。

メモ 

  • スクリプトが実行中の場合、タイマーに関連付けられたすべてのスクリプトは、実行中のスクリプトが終了するまで実行しません。
  • アクティブウインドウにタイマーがインストールされ、ユーザまたはスクリプトによって新しいウインドウが開かれた場合、その新しいウインドウでタイマーが継承されます。
  • ウインドウごとに同時に動作する個別のタイマーを設定することができます。ウインドウが背景にある場合や非表示の場合でもタイマーは動作し続けます。ダイアログウインドウとタイマーを使用している場合はウインドウスタイルについてを参照してください。
  • [オプションのスクリプト引数] オプションの値はタイマースクリプトの実行時に評価され、タイマーのインストールよりもかなり後になる可能性があります。別のスクリプトの実行中はタイマースクリプトは起動されないため、評価時に Get (スクリプト引数) に値は設定されません。後で使用するためにタイマースクリプトに値を指定するには、定数、グローバルフィールド、グローバル変数 (ローカル変数ではなく)、またはこのスクリプトステップの [オプションのスクリプト引数] オプションの Get (スクリプト引数) 以外の関数を使用した計算式を使用します。
  • 開いているウインドウから独立してスケジュールに従ってスクリプトを実行するには、FileMaker Server ヘルプまたは FileMaker Cloud ヘルプを参照してください。

例 1 

[OnTimer スクリプトをインストール] ステップを使用して、毎分 1 回 [時計] スクリプトを実行します。

スクリプト: OnTimer 時計

コピー
OnTimer スクリプトをインストール [「時計」 ; 間隔: 60]

スクリプト: 時計

コピー
フィールド設定 [時計::時刻; Get (時刻)]