インストールの注意

  • 必要なサポートソフトウェアのバージョンの詳細については、Claris FileMaker 19 動作環境を参照してください。

  • Windows: 非ブートボリュームを含むデフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールすることはできますが、リモートのネットワークドライブまたは外付けのリムーバブルドライブにはインストールできません。FileMaker Server を [ドライブ]:¥Users¥[ユーザ]¥Desktop などの Windows デスクトップパスにインストールすることはできません。

    指定したパスでデフォルトのインストールパスの最初の部分 (¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server) が置き換えられます。たとえば、インストールフォルダに「My_Path」を指定すると、「Databases」、「Scripts」、および「Extensions」フォルダは次のようにインストールされます:

    • ¥My_Path¥Data¥Databases

    • ¥My_Path¥Data¥Secure

    • ¥My_Path¥Data¥Scripts

    • ¥My_Path¥Database Server¥Extensions

    指定するパスは ASCII 文字のみで構成されている必要があります。

  • macOS: FileMaker Server は、Mac OS 拡張 (ジャーナリング、大文字/小文字を区別) としてフォーマットされているターゲットボリュームにインストールしないでください。このフォーマットはサポートされていません。ボリュームは、MacOS 拡張または MacOS 拡張 (ジャーナリング) としてフォーマットしてください。

  • インストール中にデフォルト以外に FileMaker Server ユーザアカウントを指定する場合、指定したアカウントは次の条件を満たしている必要があります:

    • Windows: アカウントはローカルユーザアカウントまたは Windows ドメインアカウントである必要があります。アカウントは、ローカルファイルアクセスに関して Windows システムアカウントと同一の権限を持っている必要があります。

    • macOS: アカウントは macOS のローカルユーザアカウントであり、ローカルファイルへのアクセス (デーモングループのメンバーシップを含む) に関して fmserver アカウントと同一の権限を持っている必要があります。ディレクトリサービス (Active Directory または Open Directory など) に由来するアカウントは使用できません。

  • リモートボリュームにデータベースまたはオブジェクトデータフォルダを追加して設定する場合、FileMaker Server ユーザアカウントに指定されたアカウントは、これらのリモートフォルダに対する完全なアクセス権を持っている必要があります。

  • Bonjour のインストール:

    • Windows: Bonjour はオプションです。Bonjour がインストールされていない場合、FileMaker Pro の [ホスト] ダイアログボックスや FileMaker Go の起動センターにサーバーは表示されません。

    • macOS: Bonjour がインストールされていない場合、または有効でない場合、FileMaker Server はインストールできません。

  • Windows: FileMaker Server がインストールされている間は次の項目をアンインストールしないでください:

    • IIS URL Rewrite Module

    • Microsoft Application Request Routing

    • Microsoft External Cache for IIS

    • Microsoft Visual C++ 2017 Redistributable Package (x64)

      メモ  FileMaker Server ではバージョン 19.2.1 より Microsoft Visual C++ が不要となりインストールされなくなりました。