サポートされているインポートおよびエクスポートファイルフォーマット

FileMaker Pro やデータ交換に使用する多くのアプリケーションプログラムでは、独自のファイルフォーマットが使用されます。データを交換するには、もう一方のアプリケーションでインポートできるフォーマットにデータをエクスポートする必要があります。他のアプリケーションとデータを交換する場合は、そのアプリケーションに添付されているマニュアルを参照して、FileMaker Pro とそのアプリケーションの両方でサポートされている共通のファイルフォーマットを確認してください。

ほとんどのファイルフォーマットでは、データの変換のみがサポートされ、フォント、サイズ、スタイル、色などの書式はインポートまたはエクスポートされません。フィールド名とフィールドタイプがエクスポートまたは変換されるフォーマットもあります。

サポート
フォーマット

ファイル名
拡張子

インポート/変換または
エクスポート

メモ

コンマ区切り値形式

.csv または .txt

両方

フィールド名として使用するレコードを指定できます。

カスタム区切り値形式

.tab, tsv または .txt

インポート/変換のみ

フィールド名として使用するレコードとフィールド値を区切る文字を指定できます。

dBASE III および IV DBF 形式

.dbf

両方

この形式ではフィールド名が保持されます。

FileMaker Pro 形式

.fmp12

両方

この形式ではフィールド名が保持されます。

HTML テーブル形式

.htm

エクスポートのみ

静的な Web ページで使用するための HTML テーブルとしてデータをエクスポートします。

Merge 形式

.mer

両方

この形式ではフィールド名が保持されます。

Microsoft Excel 形式

.xlsx

両方

フィールド名として使用するレコードを指定できます。

タブ区切り値形式

.tab, tsv または .txt

変換またはエクスポート

変換する場合は、フィールド名として使用するレコードを指定できます。インポートする場合は、カスタム区切り値形式を使用します。

XML 形式

.xml

両方

XML ファイルに加え、HTTP リクエストから作成された XML データをインポートすることもできます。

次の方法を使用することもできます: