FileMaker Data API ソリューションの共有

  1. FileMaker Data API アクセス用のデータベースの準備」に記載されているすべての手順を完了します。

  2. ファイルを FileMaker Server または FileMaker Cloud にアップロードします。FileMaker Pro ヘルプの「FileMaker ホストへのファイルのアップロード」を参照してください。

  3. FileMaker Data API アクセスが Admin Console で有効に設定されて正しく構成されていることを確認します。プロダクトドキュメンテーションセンターを参照してください。

  4. Web サーバーおよび FileMaker Data API エンジンが実行されていることを確認します。

  5. 通信に暗号化を使用します。

    FileMaker Data API では、REST API アプリケーションで HTTPS 接続を使用する必要があります。HTTPS 接続では、通信に SSL (Secure Sockets Layer) が使用されます。

    FileMaker Server は Claris International Inc. によって署名された標準の SSL 証明書を提供しますが、サーバー名の検証は行われません。この FileMaker デフォルト証明書はテスト用にのみ利用できます。実際に運用環境で使用する場合はカスタム SSL 証明書が必要です。FileMaker Server インストールおよび構成ガイドを参照してください。

    FileMaker Data API を呼び出すために使用する言語またはテクノロジーは、Web サーバーとの通信に TLS (Transport Layer Security) v1.2 をサポートしている必要があります。