インタラクティブオブジェクトの PDF ファイルの操作

目的

PDF ファイルをクリックして選択した後の操作:

インタラクティブオブジェクトで PDF ファイルからテキストをコピーする

Windows: コピーするテキストを選択して Ctrl+C を押します。

macOS: コピーするテキストを選択して command-C を押します。または [編集] メニュー > [テキストをコピー] を選択します。

インタラクティブオブジェクトで PDF ファイルをコピーする

Windows: [編集] メニュー > [コピー] を選択します。

macOS: option キーを押しながら [編集] メニュー > [コピー] を選択します

インタラクティブオブジェクトから PDF ファイルを削除する

[編集] メニュー > [消去] を選択します。

メモ 

  • v19.2.2 またはそれ以前のバージョン (Windows): PDF ファイルを表示するための Web ブラウザプラグインがローカルのコンピュータ上にインストールされていることを確認してください。インストールされていない場合、[挿入] メニュー > [PDF...] コマンドが使用できずインタラクティブオブジェクトの PDF ファイルの操作ができません。バージョン 19.3.1 以降では Web ブラウザプラグインは必要ありません。

  • PDF ファイルがインタラクティブオブジェクトで選択されると、一部のキーボードショートカットの動作が変わります。たとえば、Ctrl+L (Windows) を押してレイアウトモードに切り替えることはできません。Ctrl+Shift+D (Windows) を押して [データベースの管理] ダイアログボックスを開くことはできません。