起動復元の理解

FileMaker Server では共有データベースに対して復元ログを作成します。復元ログはハードウェアの障害またはソフトウェアの障害の後でファイルの復元に役立てることができます。データベース管理システムの観点から、FileMaker Server では常にデータが適切かつ一貫性を持って更新されるように、データベースのトランザクションに対して物理ロギングを使用します。

クライアントアクセスでデータベースが開かれる前の起動時に FileMaker Server によりデータベースエントリが検証されます。データベースの一貫性に問題があり適切に閉じられなかった場合、起動復元は復元ログを使用して最新の一貫性のある状態にファイルを復元します。

復元ログにはすべての共有データベースのデータが含まれています。各データベースの起動復元を個別に有効または無効にすることはできません。

重要  起動復元はデータベースバックアップの代用にはなりません。ディスクの損傷のような特定の状態では FileMaker Server で起動復元を使用できないため、バックアップからのみデータベースを復元することができます。

起動復元の監視

復元ログマネージャはデータベース変更のログを管理するランタイムサーバーコンポーネントです。FileMaker Pro データベースエンジンが起動した後にこのコンポーネントが起動します。復元ログマネージャに関する情報は「Event.log」ファイルに書き込まれます。イベントログを参照してください。

起動復元の有効化

起動復元はデフォルトでは無効になっています。復元ログを作成するプロセスはパフォーマンスに影響する可能性があります。CLI コマンドを使用して起動復元を有効にすることができます:

fmsadmin set serverprefs StartupRestorationEnabled=true

起動復元の無効化

起動復元を無効にするには CLI コマンドを使用します:

fmsadmin set serverprefs StartupRestorationEnabled=false

Claris FileMaker Admin API を使用して起動復元を有効または無効にすることもできます。FileMaker Admin API ガイドを参照してください。

メモ  

  • 関連するデータベースが暗号化されている場合、復元ログの内容は暗号化されます。
  • 暗号化されたデータベースで暗号化パスワードが保存されていない場合、起動復元はサーバー管理者が暗号化パスワードを指定した時点で、クライアントアクセスでデータベースが開かれる前に実行されます。
  • 埋め込まれたオブジェクトデータへの変更は復元ログに含まれていますが、外部オブジェクトデータへの変更は含まれません。
  • デフォルトで、復元ログは次のフォルダに書き込まれます:
    • Windows: [ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Restoration
    • macOS: /ライブラリ/FileMaker Server/Data/Restoration
    • Linux: /opt/FileMaker/FileMaker Server/Data/Restoration

    FileMaker Admin API を使用してフォルダの場所を変更することもできます。FileMaker Admin API ガイドを参照してください。