追加のデータベースフォルダの設定

デフォルトのフォルダに加えて、FileMaker Server では追加のデータベースフォルダ内のデータベースを共有できます。

追加のデータベースフォルダは、暗号化されたデータベースファイルと暗号化されていないデータベースファイルを共有するために使用できます。このフォルダでは 1 レベル下のサブフォルダのみファイルを配置できます。オブジェクトデータフォルダの使用もサポートされます。

[構成] > [フォルダ] タブでパスを指定する前に、プライマリマシン上にこのフォルダを作成する必要があります。

追加のデータベースフォルダを指定するには:

  1. [構成] > [フォルダ] タブをクリックします。

  2. [追加のデータベースフォルダ] を [有効] に設定します。

  3. 追加のデータベースフォルダの場所の完全パスを入力します。パスの長さは最大 255 文字です。

    • Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ (/) で終わる必要があります。

      例: filewin:/[ドライブ文字]:/[フォルダ名]/

      ネットワークボリュームを使用する場合は、入力するパスにサーバー名を含める必要があります。

      例: filewin://[サーバー名]/[共有名]/[フォルダ名]/

    • macOS: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ (/) で終わる必要があります。フォルダがリモートボリューム上にある場合、FileMaker Server がパスを検証できるようにボリュームがマウントされていることを確認してください。

      例: filemac:/[ボリューム名]/[フォルダ名]/

      ネットワークボリュームを使用するには、ネットワークドライブがマウントされていて FileMaker Server ユーザアカウントがデーモングループのメンバーである必要があります。

    • Linux: 入力するパスは、filelinux:/ で始まりスラッシュ (/) で終わる必要があります。フォルダがリモートボリューム上にある場合、FileMaker Server がパスを検証できるようにボリュームがマウントされていることを確認してください。

      例: filelinux:/[ボリューム名]/[フォルダ名]/

      ネットワークボリュームを使用するには、ネットワークドライブがマウントされていて FileMaker Server ユーザアカウントがデーモングループのメンバーである必要があります。

  4. 追加のデータベースフォルダ用にオブジェクトデータフォルダを設定するには、オブジェクトデータフォルダの設定を参照してください。

メモ 

  • 追加のデータベースフォルダをオブジェクトデータフォルダの親またはサブフォルダにすることはできません。

  • オブジェクトデータフォルダを追加のデータベースフォルダの親またはサブフォルダにすることはできません。