FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
 

FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用

次のような方法で FileMaker Server を使用することができます:

データソース。共有されている FileMaker Pro データベースファイルを ODBC (Open Database Connectivity) および JDBC (Java Database Connectivity) を使用して同じコンピュータで他のアプリケーションと共有できます。たとえば、他のアプリケーションで FileMaker Pro データを使用して、グラフの作成、数値の分析、レポートの生成を行うことができます。

ODBC クライアントアプリケーション。共有されている FileMaker Pro データベースは同じコンピュータ上またはネットワーク上でデータソースと情報交換を行うことができます。たとえば、共有されている FileMaker Pro データベースは FileMaker Pro リレーションシップグラフおよびレイアウトで定義されたとおりに Oracle データソースと情報交換を行うことができます。

データソースとしての FileMaker Server

FileMaker Server プラットフォームには、データベースを ODBC と JDBC を使用してデータソースとして共有するのに必要なすべてのソフトウェアが含まれています。これには、他の ODBC または JDBC 互換アプリケーションからデータベースにアクセスする場合に使用する、FileMaker クライアントドライバが含まれます。データベースファイルの共有化の詳細については、ODBC および JDBC での FileMaker Pro データベースの共有を参照してください。

クライアントドライバの使用、および ODBC または JDBC ソースとしての FileMaker Pro データベースファイルと SQL の使用の詳細については、『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』を参照してください。

サポートされている SQL ステートメント、式、および関数の詳細については、『FileMaker SQL リファレンスガイド』を参照してください。

ODBC クライアントアプリケーションとしての FileMaker Server

FileMaker Server をクライアントアプリケーションとして使用する場合、ODBC データソース用のドライバをインストールして設定し、FileMaker Pro データベースが使用するように指定しているデータソース名 (DSN) にアクセスしてセットアップする必要があります。たとえば、ODBC を使用して Oracle データベースからのデータにアクセスするには、Oracle ODBC クライアントドライバをインストールし、FileMaker Pro データベースが使用するように指定しているのと同じ DSN を設定する必要があります。FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートします。外部 ODBC データソースへのアクセスを参照してください。

次の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください:

ODBC データソースをインタラクティブにリレーションシップグラフおよびレイアウトを使用して操作する。

SQL クエリーを使用したバッチ操作で、ODBC データをインポートする。

FileMaker Server で必要な ODBC と JDBC の操作

 

目的

参照先

FileMaker Pro データベースをデータソースとして共有する

ODBC および JDBC での FileMaker Pro データベースの共有

『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』

外部 ODBC データソースにアクセスする FileMaker Pro データベースを共有する

外部 ODBC データソースへのアクセス

FileMaker Pro ヘルプ

関連項目 

サーバー情報の設定