データベースバックアップのスケジュール > バックアップスケジュールの作成または変更 > バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元
 

バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元

警告  データベースの唯一のバックアップが損傷する可能性を避けるため、復元するデータベースファイルは必ずコピーして、元のバックアップファイルは変更しないままバックアップフォルダに残してください。バックアップフォルダからデータベースファイルを移動することは避けてください。また、バックアップフォルダに保存されているデータベースファイルを FileMaker Pro を使用して開かないでください。

バックアップスケジュールからデータベースファイルを復元するには、次の操作を行います:

1. 復元する共有データベースファイルが開いている場合、Admin Console を使用して閉じます。

共有ファイルの閉じ方を参照してください。

2. Admin Console を使用して共有データベースを取り除きます。

共有ファイルを取り除くを参照してください。

3. オペレーティングシステムのツールを使用して、バックアップフォルダから、共有データベースファイルをアップロードしたデータベースフォルダへデータベースファイルをコピーします。

データベースファイルがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用している場合、バックアップフォルダには、オブジェクトが格納される RC_Data_FMS サブフォルダが含まれます。

たとえば、データベースファイルが「Customers」という名前で、「RC_Data_FMS」フォルダに「Customers」データベースファイル用に外部に保存されたオブジェクトが含まれる「Customers」という名前のサブフォルダが含まれている場合は、次のようになります:

RC_Data_FMS¥Customers

このフォルダとフォルダの内容をデータベースファイルとともにコピーします。

データベースファイルの手動によるアップロードを参照してください。

4. Admin Console を使用して復元したデータベースを開きます。

共有ファイルの開き方を参照してください。

メモ  すべてのファイルがまとめてバックアップされている場合、この方法を使用してソリューションに含まれる複数のデータベースファイルを一度に復元することができます。ソリューションに含まれる一部のファイルが異なる時間にバックアップされている場合、すべてのファイルがまとめてバックアップされている最も古いフォルダから復元して、すべてのファイルでデータが同期されるようにすることができます。