データベースおよびバックアップフォルダ > データベースおよびバックアップフォルダの設定 > プログレッシブバックアップフォルダの設定
 

プログレッシブバックアップフォルダの設定

共有データベースのプログレッシブバックアップを有効にしてプログレッシブバックアップファイルに使用するフォルダへのパスを指定します。プログレッシブバックアップは 5 分間隔で実行されます。

重要  プログレッシブバックアップフォルダはデフォルトデータベースフォルダ、バックアップフォルダ、追加のデータベースフォルダ、または「Scripts」フォルダの親またはサブフォルダにすることはできません。[構成] > [一般設定] タブの [データベースフォルダにあるデータベースを自動的に開く] 設定が有効になっている場合、FileMaker Server が起動するときにデフォルトデータベースフォルダ内のデータベースを開くことが試行されます。

プログレッシブバックアップフォルダを指定するには、次の操作を行います:

1. [構成] > [フォルダ] タブをクリックします。

2. [プログレッシブバックアップ] を [有効] に設定します。

3. [プログレッシブバックアップフォルダパス] で [変更] をクリックします。

4. 新しいプログレッシブバックアップフォルダの完全パスを入力します。パスの長さは最大 255 文字です。

Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ (/) で終わる必要があります。

例: filewin:/ドライブ文字:/フォルダ名/

macOS: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ (/) で終わる必要があります。

例: filemac:/ボリューム名/フォルダ名/

5. [保存] をクリックします。有効なフォルダのヒントを参照してください。

メモ 

共有データベースが配置された場所とは別のハードドライブ上にあるプログレッシブバックアップフォルダを指定してください。プログレッシブな変更は共有データベースに書き込まれる変更とほぼ同時にプログレッシブバックアップフォルダに書き込まれる可能性があるため、2 つの異なるハードドライブを使用するとサーバーパフォーマンスが向上する場合があります。

プログレッシブバックアップフォルダで最初のバックアップファイルを作成することはサーバーパフォーマンスに影響する可能性があります。一度プログレッシブバックアップの設定を指定した後に変更することは避けてください。プログレッシブバックアップ設定に変更を加えた場合、FileMaker Server ですべての共有データベースの完全バックアップを作成する必要があります。

稀なケースですが、FileMaker Server がインストールされているマシンの時計が保存間隔よりも頻繁に変更された場合、プログレッシブバックアップが失敗することがあります。FileMaker Server は、プログレッシブバックアップに協定世界時 (UTC) を使用するので、タイムゾーンや夏時間の変更はプログレッシブバックアップに影響しません。