データベースおよびバックアップフォルダ
 

データベースおよびバックアップフォルダ

データベースフォルダ

FileMaker Server では、次のフォルダ内のデータベースを共有することができます:

デフォルトデータベースフォルダ。デフォルトデータベースフォルダは、暗号化されたデータベースファイルと暗号化されていないデータベースファイルを共有するために使用できます。デフォルトデータベースフォルダでは、多数のファイルを容易に管理できるように、1 レベルのみ下のサブフォルダにあるファイルがサポートされます。

デフォルトデータベースフォルダの場所は、[構成] > [フォルダ] タブに表示されます。完全パスは次のとおりです:

Windows: filewin:/[ドライブ]:/Program Files/FileMaker/FileMaker Server/Data/Databases/

デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、/Program Files/FileMaker/FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: /指定したパス/Data/Databases/

macOS: filemac:/[ドライブ名]/Library/FileMaker Server/Data/Databases/

セキュアデータベースフォルダ。セキュアデータベースフォルダは、暗号化されたファイルを共有するために使用できます。このフォルダでは、サブフォルダ内にあるファイルはサポートされません。セキュアデータベースフォルダへファイルをコピーする前に次の操作を行う必要があります:

ファイルを暗号化します (FileMaker Pro ヘルプを参照)。

ゲストアカウントで [完全アクセス] アクセス権セットを使用していないことを確認します。

完全アクセスアカウントのパスワードが空白でないことを確認します。

完全アクセスアカウントのパスワードが [ファイルオプション] ダイアログボックスの [次のアカウントを使用してログイン:] オプションを使用するデータベースに保存されていないことを確認します。

セキュアデータベースフォルダで共有されている暗号化ファイルでは、FileMaker Server はゲストアカウントアクセスまたは自動ログインアカウントアクセス ([ファイルオプション] ダイアログボックスの [次のアカウントを使用してログイン:] オプションで有効に指定されたアカウント) を許可しません。

セキュアデータベースフォルダの場所は、[構成] > [フォルダ] タブに表示されます。完全パスは次のとおりです:

Windows: filewin:/[ドライブ]:/Program Files/FileMaker/FileMaker Server/Data/Secure/

デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、/Program Files/FileMaker/FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置き換えられます。例: /指定したパス/Data/Secure/

macOS: filemac:/[ドライブ名]/Library/FileMaker Server/Data/Secure/

追加のデータベースフォルダ。追加のデータベースフォルダは、暗号化されたデータベースファイルと暗号化されていないデータベースファイルを共有するために使用できます。また、このフォルダでは、1 レベルのみ下のサブフォルダにあるファイルがサポートされます。

[構成] > [フォルダ] タブで、追加のデータベースフォルダの場所を指定します。追加のデータベースフォルダの設定を参照してください。

バックアップフォルダ

FileMaker Server では、次の 2 つのバックアップフォルダを指定することができます:

デフォルトバックアップフォルダ。毎日の自動バックアップや、[バックアップ] ページの [今すぐバックアップ] をクリックしたときに作成されるオンデマンドバックアップファイルに使用されるフォルダです。バックアップスケジュールを作成する場合、デフォルトバックアップフォルダが初期値として [バックアップフォルダ] フィールドで使用されます。デフォルトバックアップフォルダの設定を参照してください。

プログレッシブバックアップフォルダ。プログレッシブバックアップ機能を有効にした場合に使用されるフォルダです。プログレッシブバックアップフォルダの設定を参照してください。

関連項目 

有効なフォルダのヒント